もっと上手に野菜を作ってみませんか?

野菜作りのの基本は、なんといっても、土作りがもっとも大切です。

植物の茎、葉、花などを人間でいう上半身とすると、下半身にあたるのが根です。

地上にある葉や茎にはみんな注目するのですが、地下にある根は忘れられた存在になりがちです。

しかし、根はいろいろな面で植物体を支えている、いわば大黒柱のようなものであり、大切な器官です。


 根の役割は、まず上半身である葉、茎を倒れないようにしっかり支えることです。

人間がまっすぐ立つのに足腰が重要であるのと同じです。

そしてさらに大切な役目は、養分を吸収して、茎、葉に送ることです。

また養分だけでなく、水も空気(酸素)も取り込んでいます。

土にとけている肥料成分から、植物が利用できる成分を必要なだけ選んで吸収します。

つまり、根は食物を取り入れる口であり、消化する胃腸でもあるのです。

植物は葉で呼吸するだけでなく、根でも土中の酸素を取り込んで、

体内で等分などの有機物を燃焼させ、炭酸ガスを出しています。

そして、このときのエネルギーで土中の水と養分が吸収されます。

そのため、土の構造が大切になってくるのです。

Copyright © 畑の土の作り方 土作りを学ぼう All rights reserved